ホーム



貴良一葉

キラ イチハ

フォロワー3






自己紹介

初めまして、貴良と申します。

小説家は小学校の頃からの夢。いつかはトールキン先生のようなファンタジー大作を書きたいです。
趣味程度に二次創作を中心に執筆はしておりましたが、2023年2月より本格的に活動を開始。
現在はカクヨムさんを拠点に、小説家になろうさんでも執筆しております。

まだ日の目を見るにはほど遠いですが、少しでも誰かの心に残る作品を書けるよう精進いたします。
お気に召しましたらば、応援よろしくお願いいたします!

SNSリンク

https://twitter.com/Ichiha_Kira



投稿したレビュー



投稿されたレビューの件数: 2

作品一覧



妖かし桜が散るまでに

ライト文芸長編小説

話数:97

<薄紅色が吹雪となり舞い上がるまで、私は貴方を守り続ける>  時は平安。  陰陽師と呼ばれる者たちが活躍する時代。  陰陽連の同士と相まみえることもなく、  式神を仕え、妖怪討伐に勤しむ男がいた。  桜の木をこよなく愛する男には、ある欠点があり……。  しかし大切な桜の木を失った彼の元に、とある女性が現れたことで  男の心境は少しずつ変化する。  果たして彼女の正体は何者か  そしてその先に待ち受ける結末とは。 平安時代を模したオリジナル設定で描く、陰陽アクションロマンス小説です。 【第一幕・花芽】【第二幕・開花】【第三幕・散舞(前・後編)】の三幕構成でお送りします。 陰陽師×妖怪や同胞たちとの熱き戦いをベースに、後半から切ない恋愛要素が濃くなってまいります。 春風感じる平安幻想録、ここに開幕です。 ※平安の実際の用語を参考にしておりますが、素人が都合良く解釈した意味で使用しております。詳細は「用語集・解説」にてご確認ください。なお、安倍晴明氏などの実在した人物は一切登場いたしません。 ※〝R15〟は「血飛沫」程度ですが念のためです。



ゴールデンウィークもお仕事です

現代ドラマ超短編小説

話数:1

県警の刑事・新堂大悟は三日ぶりの帰宅の途につくが、〝至福の一杯〟を求めるも道中トラブルに見舞われて…… 世間はGWだっていうのに、なかなか休息を許されない刑事の奮闘記。 運営様主催の 『Solispia Spring Short-stories』参加作品です。 掌編苦手な筆者ですが、一作だけでも挑戦しようと一生懸命書きました。 少しでもほっこりいただければ幸いです。